恋愛で絶望的にモテない男性が成功する方法

-  |  次の3件 »

好きなんだけれど、一歩が踏み出せないときには、どうすればいいのでしょうか。

2011-07-29 07:14   告白





好きだけれど、一歩踏み出せないときがありますね。
そう言うときは、どうすればいいのでしょうか?
好きだから、相手にも好きになって欲しいですよね。

やみくもにアタックして失恋したくはないですね。
一歩踏み出せないのなら、無理する必要はないと思います。
しかし、相手と疎遠にならないようにしたいものです。

近いところにいるようにしましょう。
相手の参加する飲み会や行事などには積極的に参加するべきだと思います。
そういったところから自分の存在をアピールしていきましょう。

とはいえ、努力も何もしなければ、いけませんね。
相手に良いように思ってもらえないことになるかもしれません。
嫌がられてしまう可能性もあります。

まずは、自分磨きをしましょう。
共通の友達から相手の好みをリサーチしましょう。
もし、共通の友達を味方に付けることができれば、
好きな人と二人きりになる機会を作ってくれる可能性もあります。

さりげなく、相手が自分の事をどう思っているか聞き出すことができます。
脈があるようなら勇気を出して一歩前に踏み出してみましょうね。
その勇気がないのなら、現状を維持していきます。

自分磨きをしていくしかありません。
でも、あまり悠長に構えていると、相手に別に好きな人が
出来てしまうかもしれません。

その時は、相手の幸せを願って諦めるようにしてください。
簡単に諦められるものでもないとは思います。
思い続けるのも勝手なんです。

ただ、相手につきまとってしまうと逆効果ですね。
できるだけ、そうならないように、早く一歩を踏み出したいものです。

あなたの人生を、女性に嫌われる人生から
好かれる人生に変えてみませんか
その具体的なテクニックを初公開!

詳細はこちらをクリック

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

付き合ってもすぐに別れてしまうのはなぜだろう?

2011-06-23 09:57   別れ

付き合って長続きしないことで悩んでいる人が多くいます。
付き合ってもすぐに別れてしまうのはなぜだろう?
一度は好きになった相手なんですね。

せっかく付き合えたのに、すぐに別れることになるわけです。
何かしら理由はあるのでしょうか。

長続きするためのコツ

○相手を思いやる心
○ある程度の我慢


だと思います。

つきあい始めた最初のうちは、嬉しくて毎日が楽しいですね。
少しでも一緒にいたいと思うことでしょう。
しかし、その思いが強すぎて相手が負担に感じるようになります。

恋愛中は、相手を好きなあまり、ついつい束縛してしまいます。
束縛は度が過ぎてしまうと、相手を息苦しい気持ちにさせたりします。
離れたい気持ちにさせてしまいます。

同様に、ヤキモチの妬きすぎも、相手には負担ですね。
例えば、他の異性と話しただけで相手を責めるようでは、いけません。
大事なことは、相手のプライバシーは絶対に守るべきですね。

特に、相手の携帯電話を勝手にみないのは最低限のマナーです。
要は、自分が嫌なことは相手も嫌だということを認識することです。

付き合っても長続きしないと悩んでいる人は、
上記のようなことがないか確認してみましょう。
問題のある相手とばかり縁のある人も中にはいると思います。

信頼できそうにない相手は恋愛対象から外すようにしましょう。
長続きをしているカップルは、お互いを思いやっています。
お互いがある程度の我慢をしているものです。

これは今後の結婚生活にも言える事だと思います。
ぜひ、たのしい恋愛のためにも心にとどめていてくださいね。
>>詳細はこちらをクリック
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

付き合う前のデートで気を付けておいた方がいいことがありますか

2011-06-20 20:09   デート

まだ付き合っているわけではありません。
しかし、今後、付き合う可能性がある場合のデートって、
とても、緊張してしまいますよね。

映画を見に行ったりすることや食事に行ったりすることは、
付き合う前からでもあると思います。
これが発展すれば、恋人同士になれるわけです。

相手のことが好きな場合は特に気合いが入ると思います。
でも、付き合う前のデートで気を付けておいた方がいいことがありますか?
まず、決して気合いを入れすぎないことです。

服装でも化粧でも、あまりお洒落に決めてみても気まずいと思いますね。
あまりダサダサだと相手に対して失礼です。
やはり、相手が一緒に歩いていて恥ずかしくないと思う程度がいいかと思います。

堅苦しい場所に行くのでなければ、ワンランク上程度のカジュアルな格好がいいでしょう。
できるだけ清潔感のあるものを身につけるようにしましょう。

食事は、相手と「ここに行きたい」という話で盛り上がっているのでなければ、
ラーメン屋や焼肉屋などは避けるようにした方がいいですね。
あなたが男性であれば、レディファーストを心掛けた方が印象がよくなります。

将来付き合いたい相手であるのなら、当日の食事代はおごるようにしましょう。
話も歩く速度も、できるだけ相手に合わせます。
自分の話ばっかりしていては、嫌われてしまうかもしれませんよ。

また、当日は遅い時間まで引きとめるのはNGです。
少なくても、予め帰らなくてはいけない時間を聞いておきましょう。
「まだ時間大丈夫?」などと気づかう配慮は必要ですね。

そして、相手が嫌がらないなら、最寄り駅や家の近くまで送って行くといいでしょう。
>>詳細はこちらをクリック




タグ:デート
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の3件 »
顧客資産の分別管理